教育システム

5年後、10年後を見据えた教育プログラムと熱意あふれる先輩スタッフがあなたのキャリアをバックアップします。プロフェッショナルを目指すあなたのために。

先輩からの丁寧な指導でスキルアップ

法人リハ全体の教育
・外部講師(ボバースコンセプト)によるケーススタディ(月1回)
・スポーツ現場で活躍するためのトレーナー勉強会(月1回)
・基礎技術講習会(触診、テーピングなど)

各種勉強会
経験年数豊富なスタッフが一緒に治療介入するケーススタディ、スポーツ勉強会、障がい者スポーツ勉強会、基礎技術研修、こどもロコモ勉強会、エコー勉強会、各種ワーキンググループ <膝・脊椎・手・心臓リハ・HAL(ロボットリハビリ)・CI療法など>リスク管理、循環器勉強会(週1回専門医から直接指導)など

学会や論文など、学術活動も積極的に行っています

主な学術発表
日本老年医学会学術集会、日本臨床スポーツ医学会、
アジア理学療法学会、日本理学療法学術大会、日本作業療法学会、
千葉県理学療法士学会、千葉県作業療法士学会、
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会、
リハビリテーションケア合同研究大会 など多数

学術発表に関わる費用は法人で全面バックアップ!

資格取得や大学院進学をバックアップ

キャリアアップシステム
大学院進学制度、認定・専門セラピスト、心臓リハビリテーション指導士、専門分野の選択・研鑽、ボバース各種講習、インソール(入谷式)、超音波、AKAなど
海外研修(ISAKOS 2013:トロント 2017:上海)

教育プログラムの一部

 

臨床

教育

研究

その他

1年目

スーパービジョン
症例報告
基礎技術講習会
  法人内学会発表 業務チェック表に基づく業務遂行
委員会への参加・マナー接遇研修

2年目

症例報告
基礎技術講習会
見学実習バイザー 県士会学会発表  

3年目

基礎技術講習会 ケースバイザー   委員会における主要メンバー

4~5年目

専門分野の選択・研修 新人バイザー
治療実習バイザー
広域レベルでの学会発表  

スーパービジョン[supervision]…指導者(スーパーバイザー)が、示唆や助言を与えながら行う教育のこと。